HP(ホームページ)の作成時の費用は、いったいどれぐらい掛かるモノなのでしょうか?

巷でHP(ホームページ)制作の料金というと、ピンキリです。
制作会社によっては1万円ぐらいからの格安HP(ホームページ)もあれば、100万円以上掛かるところもあります。
この金額の違いは、いったいなぜうまれるのでしょうか?

それは、収益源として制作による対価なのか広告収入なのか、システムやテンプレートの使い回しなのか、オリジナル制作かといった分類によるものが大部分を占めます。
人が手を加える場合、その分かかる時間を人件費としてコストに含める必要があります。

反対に無料HP(ホームページ)であれば、一度レンタルするHP(ホームページ)の型を作り、その後のHP(ホームページ)作成作業自体は利用者に任せます。
そのため、利用者の増加による手間は特にかかりません。さらに広告収入が収益源となるので無料になります。

制作コストが高いところは、機械やシステムで使いまわせない部分が多いからと考えてみてください。
格安HP(ホームページ)制作ならば、テンプレートは使いまわしとなりますが、費用が高いところは細かい部分にオリジナル画像の制作をしたり、サイト構造自体がオリジナルレイアウトであるといった、独自性の高いHP(ホームページ)の設計を行うことが多いと考えられます。
また、HP(ホームページ)自体の制作にかかるコストだけでなく、プランニングやコンテンツ制作等、機械的にできない部分へ比重を置いていると、高額になっていく傾向があります。


とはいえこれは、至極当然単純明快なことなのです。
汎用性のある部分、つまり「使いまわせる部分」が多ければ多い=HP(ホームページ)制作にかかる作業量が少ない=HP(ホームページ)制作費用は安価に、といった規則性に近いものがあります。
例を挙げると、
➀HP(ホームページ)のテンプレートが決まっている
②あとは顧客ごとに異なる「文章」や「画像」をはめ込んでいくだけ
となれば、「使いまわせる部分」が多いため、HP(ホームページ)制作の作業量は少なくて済みます。

一方、HP(ホームページ)のひな形がなく、HP(ホームページ)の枠組みを含めてゼロから制作する場合、その分作業量が増えます。よって、費用が高くなります。
また、完全にオリジナルのレイアウトやWebデザインなどで校正回数を加味した分だけ制作費用が見積もられる場合もあります。
HP(ホームページ)制作で「人」による修正回数が多いと、その分だけ作業量増加による人件費がかかるので、修正回数が多そうなHP(ホームページ)制作案件では費用が高く見積もられている可能性もあるといえるでしょう。
カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です