この莫大な金額、一体何だと思いますか?
これは、2017年度より中小企業向けの補助金としてはじまった「IT導入補助金」です。
2年目となるこの事業は2018年、1年目の100億円に比べて予算が5倍の500億円となりました。


そもそもIT導入補助金をご存じでない方もいらっしゃるかと思いますので、詳しく説明致します。

「IT導入補助金」は、経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の略称で、
中小企業・小規模事業者の生産性向上を目的として2017年度より開始されました。
自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

対象事業者の要件は業種によって異なり、製造業の場合で資本金3億円以下もしくは常勤従業員300人以下。
個人事業主や医療法人、NPO法人、企業組合や商工組合などの各種組合も対象となります。

前年度は100億円だった予算が2018年度は500億円にまで引き上げられ、想定利用企業数は1万5,000社から13万5,000社まで拡大。
とても好評な補助事業であったため、より多くの企業が補助金を活用できるようになったのです。
要件を満たし申請すれば、IT導入経費の一部について、下限15万円、上限50万円の補助を受けることができます。
対象企業拡大のため1社あたりの補助額・補助率販売は下がってしまいましたが、それでも企業にとって大きな助けとなるはずです。

昨年度との比較は、次の通りです。

(1)補助上限額
2017年度:100万円
2018年度:50万円

(2)補助率
2017年度:投資額の3分の2
2018年度:投資額の2分の1



IT導入補助金は、ITツールを導入して生産性を向上させたい中小企業にとって、非常に利をもたらしてくれる制度と言えます。
ITに疎い方でも、IT導入支援事業者からアドバイスやサポートを受けることが可能です。
色々な企業から話を聞いて、自社の課題を解決して事業を成長させてくれるツールを選定されてはいかがでしょう。
カテゴリー: 未分類