■■SEOに効果的なライティングの基本とポイントとは?
自分のブログやホームページを検索サイトの上位に表示させるために最適化させることをSEO(Search Engine Optimization)と呼びます。

今回は、SEO対策をライティングという面から説明したいと思います。この記事を読めば、ライティングの基本を理解できるようになります。

【長期的なSEO効果を望むライティングのポイント!】
検索サイトで「SEO」と検索すると多くのSEO対策をアドバイスするブログやホームページが表示されると思います。確かに参考になる情報が多いものも多数あります。

同様に自分が調べたいと思った内容を検索サイトで調べると、思っているものと大きく異なる内容のページが表示されることがありませんか?

ここで説明するSEO対策は、あくまでも「ライティング」という目線で考えていますので、検索サイトから訪問したユーザーに応えられる内容を目指しています。

■検索サイトを意識したライティング!
以前に比べるとかなり減りましたが、一時期は小手先のテクニックで検索サイトの上位に表示をさせる方法が流行しました。

ホームページやブログをつくる側からすれば、多くの訪問者を得るための手法のひとつとして行うことですが、ユーザーにとっては迷惑になることもあります。

その為、検索サイト側も様々な対策を行い以前に比べると良くなったというのが現状だと思います。

検索サイトを意識したSEO対策には様々な技法がありますが、ライティングの観点から言えば、さほど多くのポイントを上げる必要はありません。

検索ワードに対応できる的確なタイトルと文章内容が基本になります。タイトルは推奨されている長さなどもありますが、何よりも意味が伝わることが重要です。

文章中の内容には「検索キーワード」を使用することで、より検索サイトに内容の方向性をアピールすることになります。

■ユーザーを意識したライティングのポイント
ユーザー(訪問者)を意識したライティングが最も重要になります。これは、SEO対策以前の問題でもありますが、訪問者にとって有益な内容であることが大切です。

ホームページやブログの運営者の中には、検索サイトの上位に表示させたいばかりに小手先の技術で訪問者を誘導するケースも少なくありません。

ただこの場合は、訪問したユーザーは、一見して立ち去ることが多くなります。求めていた内容と全く違うことが書いてあれば、当然残念に思う気持ちは誰でも同様です。

つまり、ライティングの関連から考えるSEOは、あくまでもユーザー(訪問者)にとって有益な情報を提供することが最優先になります。

この文章をお読みの方の中には、いくら良い情報を書いても検索サイトで上位に入れなければ意味がないと思われるかもしれません。

確かに時間はかかりますが、ユーザー(訪問者)にとって有益な情報を提供していれば、確実に訪問者は増加していきます。

■SEOの技法はプロに任せて、文章能力と情報力の向上を目指そう!
SEOそのものを否定しているのではありません。そもそもSEO対策とライティングをあまり混同すると方向性がおかしくなります。

内容が確かな情報であれば、検索サイトで上位表示されることは、運営者にとっても訪問者にとっても有益なことになります。

ここで問題になるケースが、「SEO」を最優先にしてしまうパターンです。あくまでも適切な情報や内容があってのSEOなのに順番が逆になってしまうことがあります。

SEOの技術は専門的な技術を身につけている技術者も多く存在します。ライティングを行う運営者は、SEOのことよりも内容を重視しましょう。

そのためにも、SEOの技法はプロに任せても良いので、何よりも訪問者にとって有益な情報を継続的に与えられる能力を身につけることが最優先だと思います。

【まとめ】
SEOに対しての考え方は、人それぞれです。ただ、これから新しくブログやホームページを開設しようと思っているのであれば、SEOは後回しで良いと思います。

確かにSEO対策が重要なことは理解できますし、必要不可欠な技術だと思っています。但し、中身のある情報が上位に表示されることが大切だと感じています。

良識ある技術者は、双方のことを考えたSEO対策を行います。それはプロの仕事だからできることだと思います。

カテゴリー: 未分類