■■香港の魅力を知ろう!香港の風習と文化!
日本人の海外旅行先として毎年人気のある香港ですが、香港から日本への観光客も毎年増加傾向にあります。

今回は、共に行き来の多い香港の風習や文化を説明します。この記事には、香港へ旅行に行ったときに役立つ情報があります。

【香港ってどんな所?風習と文化とは!?】
香港は海外旅行先としても人気がありますし、香港映画なども日本に馴染みがあると思います。100万ドルの夜景と言われている香港は魅力的な国です。

ここでは、香港の基本的な知識や風習と文化について説明をしていきます。日本と似ている所もあれば、全く異なる文化や風習もあります。

■香港の基本情報
国名:中華人民共和国香港特別行政区
国土面積:1,104平方キロメートル
首都:中環(ジョンワン) ※英語読みだとセントラル
人口:約723万人
公用語:広東語・英語
文字:繁体字(はんたいじ)

香港は中国の特別行政区になっているので、正式名称には中華人民共和国が含まれています。国土面積は、北海道札幌市とほぼ同等の大きさになります。

香港の主要言語は広東語と英語となっていますが、現在は英語教育よりも中国語(北京語)の学習に力を入れるようになっています。

そのため、以前に比べると英語力が下がっている傾向があります。一方で広東語と北京語は双方とも中国語ですが、内容的にはかなり異なる言語です。

文字に関しても中国本土では、「簡体字」が使用されていますが、香港や台湾では、「繁体字」を使用しています。

■香港の風習と文化で日本と似ている所
香港と日本の生活習慣で似ている所を紹介します。似ているようでかなりの違いがありますが、考え方が同じ部分もあります。

・信仰深くパワースポットや風水などを信じやすい
日本人の場合は全てではありませんが、比較的パワースポットや風水などを信用する人が多いようです。願い事や願掛けなどは、日本と香港のどちらでも好まれています。

・ラーメンが大好き!
ラーメンは基本的に日本を代表する食べ物ですが、香港人も日本のラーメンが好きな人が多くいます。

■香港の風習と文化で日本と違う所
香港と日本の生活習慣の違いをいくつか紹介していきます。香港に旅行に行くときの参考にしてほしいと思います。

・いくら暑いといってもクーラーが効きすぎる
香港の冷房はこれでもかというくらい冷えています。香港に住んでいる人が暑がりという訳ではなく、湿度が高いので空調管理を行なう必要があるようです。

・後片付けやゴミのポイ捨て!
日本ではファストフードなどでも食事が終わると自分で後片付けをしますが、香港では基本的にお客が片付けをする習慣はないようです。

香港はゴミ箱がたくさんありますが、それにしてもポイ捨てが多い国の用です。日本はテロ対策などが理由であまりゴミ箱を町中に置かないようにしています。

・家の主人の働きが違う
日本の主人というと堂々と座っていてお客のもてなしは女性陣にお任せという感じですが、香港人は主人自ら料理をとりわけたりするようです。

【まとめ】
香港と日本では生活習慣や根本的な考え方に違いがあります。また、中国とも違いがあるので、香港は香港独自の生活習慣や文化を持っていると考えられます。

旅行などに行くときの注意点は、衛生面に関して日本との差が大きいようです。食事のマナーに関してもヨーロッパの感覚に近い部分も多いので注意が必要になります。

カテゴリー: 未分類