■■ホームページアクセスアップの方法!リスティング広告!
自社のホームページをつくっても多くの人に見てもらわなければ宣伝効果は望めません。アクセスアップで最も有名な方法はSEO対策ですが他にも様々な方法があります。

今回は、リスティング広告を利用したアクセスアップの説明をします。この記事を読んでリスティング広告を自由自在に扱えるようになりましょう。

【リスティング広告を利用してホームページのアクセスアップを目指そう!】
検索サイトで上位に表示されることは、アクセスアップに大きく貢献できるチャンスになります。

アクセスアップに利用される一般的な方法はSEO対策ですが、より早い効果を期待できる
方法もあります。

ここでは、リスティング広告についての説明をします。リスティング広告のメリットやSEOとの違いを理解しましょう。

■リスティング広告とは?
リスティング広告とは、日本語で表すと「検索連動型広告」となります。検索サイトで対応したワードで検索をすると上位表示をされる広告のことです。

このシステムは、「Yahoo!」「google」といった大手検索サイトでも使用できます。表示されたときにも通常の広告よりもわかりにくいですが、「広告」と表示されています。

リスティング広告で表示をされてもクリックをされなければ費用はかかりませんので、ある意味成果のあったときにだけ費用が発生するアクセスアップ方法だと言えます。

■リスティング広告とSEOの違いは!?
アクセスアップ方法の代表格と言われれば「SEO対策」と考える人が多いと思いますが、リスティング広告とSEOの違いはどのようなことなのでしょうか?

同じアクセスアップを考えた方法ですし、SEO対策も業者に依頼をすれば、費用が発生します。それでは何故、同じ費用を使って2つの方法が利用されるのでしょうか?

2つの方法で最も大きな違いは、上位表示される確率と期間の問題だと思います。SEO対策は確かに上位表示されやすくしている対策ですが、確実ではありません。

また、上位表示されたとしても時間が必要になりますので、即効性を狙うことは難しい技法になります。

リスティング広告は、検索サイトで用意したキーワードであれば、かなりの確率で早急に上位表示が期待できます。

■リスティング広告を上手く利用するポイント!
リスティング広告を利用するときに最も注意をしなければならないことは、「キーワードの選定」になります。

キーワードが的外れだと費用は発生しないこともありますが、誰にもクリックをされていないということになってしまいます。

利用の注意点は、運用費用がかかるので、ある程度費用のゆとりがある状態が望ましいといえます。また、キーワードによっては大手企業などには勝てませんので注意が必要です。

【まとめ】
リスティング広告は使い方次第でSEO対策よりも抜群の効果を発揮することが期待できます。一方で使い方を間違えてしまうとマイナスばかりがかさむことになります。

リスティング広告を導入する場合は、中途半端な利用ではなくある程度の知識をつけてから慎重に利用することをオススメします。

カテゴリー: 未分類