HP(ホームページ)の作成と運用を依頼した時の契約形態とは!?
大企業なら専門分野がありますが、個人事業主や小規模の企業の場合は、経営者がHP(ホームページ)の制作や運用に関することを考える必要があります。

今回は、HP(ホームページ)の作成から運用の流れや完成後の契約形態などについて説明をします。この記事を読んでプロに任せるときの参考にしましょう。

【HP(ホームページ)制作会社に依頼をしよう!】
個人事業主や小規模の会社では、事業の効率化を考えると自社HP(ホームページ)はWEB制作を専門におこなっている企業に依頼をするのもひとつの考え方だと思います。

ここでは、実際にHP(ホームページ)作成依頼を外部企業に任せるときの流れや契約内容について簡単に説明します。但し、費用に関しては様々なので記載いたしません。

HP(ホームページ)をプロに作成依頼する流れとは?
HP(ホームページ)を外部企業に依頼をするには、企業選びが必要ですが、今回は省略して実際に作成に入ってからのことを説明します。

自社サイトをどのようなサイトにするかを打ち合わせしてから作成に入るのが一般的ですが、この時にはトップページや掲載したい大まかな内容を説明します。

HP(ホームページ)の制作で最も重要な部分が最初の打ち合わせだと言っても過言ではありません。プロの技術者でも作成途中に仕様変更が何回も入るのは作業の進行に影響がでます。

HP(ホームページ)を依頼した後の契約形態はどうなるの?
実際に完成したHP(ホームページ)をその後どのような管理・運用をするのかを考える必要があります。

1.HP(ホームページ)を買い取りにして、更新作業やサーバー運用管理も自社で行う。
2.HP(ホームページ)の一部更新作業は自社で行い、サーバー管理は依頼をする。
3.HP(ホームページ)の更新作業とサーバー管理を依頼する。

3の場合は、簡易的な部分やブログなどは自社で行うことも可能な契約形態もあると思いますが、契約形態に関しては依頼をした企業の規定で異なるので事前に確認をする必要があります。

契約形態に関しては、自社の人数や知識によってどの契約形態が良いのかは異なりますが、経費的には1が最も安く収まります。

HP(ホームページ)は買い取りと運用依頼のどちらがお得!?
HP(ホームページ)の運用管理に関する契約形態は、依頼をする企業によって様々になります。契約段階でトラブルにならないように事前に確認しておくことが必要です。

契約形態に関しては、資金にゆとりがあるのであれば、できるだけサポートを受ける契約形態がオススメだと思います。

もちろん、自社のお知らせやブログなどは、自分たちでも更新が可能な状態でも対応できる企業も多いと思います。操作のマニュアルなども用意してくれるはずです。

最も重要なことは、トラブルでサーバーやHP(ホームページ)に何か障害が発生した時に日頃から運用管理を任せていれば、対応も早いと思いますし、自社の作業にも集中できます。

契約形態に関しては、内容だけでなく費用の支払い方法も依頼をする企業によって様々な方法を用意しています。運用管理に関しては、早い段階での相談をオススメします。

———————————————————————————————–
HP(ホームページ)の制作以来の情報は比較的多くありますが、その後のことはあまり理解していない人も多いようです。

実際には、HP(ホームページ)を作成して終了とはなりません。長期の付き合いとなるケースも多いので、できるだけ信頼のできる企業を選ぶことをオススメします。

カテゴリー: 未分類