企業にとってホームページは重要な存在であることはこれまでにも説明してきました。特に中小企業にとっては、顧客との大事な接点にもつながります。

今回は、「中小企業はホームページで何を発信するのが理想なのか?」を説明します。この記事を読めば、中小企業にとってホームページの重要さが更に理解できます。

 

ホームページは企業にとって重要な存在!

ホームページは企業にとって扱い方次第で様々なメリットをもたらすことが可能な存在です。一方で、上手く利用できないとマイナスイメージになることもあります。

そのためには、ホームページが企業にとってどのような存在なのかをもう一度考えてみる必要があります。

 

一般的に企業の公式ホームページのことを「コーポレートサイト」と呼びますが、コーポレートサイトは一体どのようなスタイルが理想なのでしょうか?

自社のホームページを公開するのは、もちろん自社の知名度の向上や信頼度をあげる目的があります。その結果が売上向上につながるからです。

 

自社の伝えたいことを発信することは大切ですが、何よりもユーザー(顧客)にとってメリットのある内容を発信しなくては、全く意味がありません。

 

企業のホームページで必ず掲載すべき情報とは?

企業のホームページに掲載する情報によって、訪問者にあたえる印象や今後の信用に大きな違いがあります。会社のホームページに掲載する必須の内容を説明します。

 

・会社概要

会社の概要を掲載する必要があります。社名や代表者の名前はもちろんですが、本社の所在地や連絡先なども必ず掲載するようにしましょう。

 

・企業理念

自社の経営理念というか、顧客にどのようなことを伝えていきたいのかを掲載する必要があります。難しいことよりも中小企業らしい地域に伝わる言葉が良いと思います。

 

・営業内容

自社の営業案内を掲載するページが必要になります。自社の商品やサービス内容をわかりやすく訪問者に伝えることは企業として必須の項目だといえます。

 

・会社の実績

自社がこれまでにおこなってきた実績や取引先の情報などを掲載することで、自社の信頼度を向上させることが期待できます。

 

・求人情報

自社のホームページの求人案内から応募をしてくる人は自社に対する気持ちがあると思って間違いありません。一般の求人情報などとは就職希望者の考え方が異なります。

 

企業ホームページのコンテンツに加えたい内容

企業のホームページにコンテンツとして加えておくとホームページの良さが更に向上できるようになります。

 

・企業の近況報告

最新ニュースとしてトップページで自社の活動状況やキャンペーンなどを掲載しておくと更新頻度もあがります。更新頻度の高さはホームページにとって重要なことです。

 

・ブログ(地域情報)

中小企業であれば、地元の人達との関係も大切にしたいところです。日頃の地域活動やスタッフブログなどを掲載すると親近感が出て好印象になります。

 

・商品やサービスの豆知識など

自社の商品の使い方やサービス内容の紹介文や可能であれば動画サイトなどに投稿しても良いと思います。消費者にとって製品の使用ポイントなどは有益な情報になります。

 

・質問と応答

質疑応答やQ&Aなどのページを設けると企業が顧客に対して真剣に対応をしていることが伝わります。できればお問い合わせフォームなどを用意すると更に効果的です。

 

まとめ

今回は、自社ホームページに掲載すべき内容や情報の説明をしました。代表的な内容のものばかりですが、必ず加えて欲しい発信内容でもあります。

ホームページは自社のために必要な営業ツールのひとつであることは確かですが、何よりも顧客にとってのベネフィットがなければ、存在価値は下がることになります。

 

ホームページの制作をするときは、このようなコンテンツや発信内容も重要になるので、制作会社のホームページは必ず評価の対象にしましょう。