自社ホームページを制作した後に気になることは、集客状況だと思います。ホームページへの集客方法で最も一般的な方法が検索サイト対策になります。

検索サイトのGoogleやYahooなどで上位表示されることは、自社のホームページの宣伝効果も高くなります。代表的な手法がSEO対策だと言われています。

 

今回は、MEOという検索サイト対策を説明します。この記事を読んでMEO対策の基本を理解しましょう。

 

SEO対策と同時におこないたいMEO対策の基本!

ホームページを検索サイトで上位に表示させる方法で最も知られているのが、SEOだと思います。確かにSEO対策は必要なことですが、今後はMEO対策も必要になります。

ここでは、SEO対策と同時におこないたいMEO対策についての説明をおこないます。まずは、MEOの基本を理解してほしいと思います。

 

■MEOとは?

MEOは、Map Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション)の略になります。Google検索で上位表示させるための手法のひとつになります。

 

基本的に「地域名と企業名」で検索したときにGoogle MAP枠で3位以内に表示されるとGoogleで検索したときに上位表示されるようになります。

MEOは、Googleマップをするので「マップエンジン最適化」という呼び方もします。SEO対策と同時に利用することで、高い集客効果が期待できるようになります。

 

■MEOの必要性と理由!

MEO(Map Engine Optimization)は、SEO程知名度も高くありませんし、現状でもあまり多く取り上げられてはいませんが確実に利用状況は増加傾向にあります。

MEOは、以前に比べてスマートフォンの利用者が多くなったことも必要になった理由になります。

外出先で現在地から近い店舗を探したいときに特に役立ちます。

また、今後は更に「グーグルマップ」を利用する人が多くなると予想できます。従って、SEO対策と同時にMEO対策をする必要性が一般的になると考えられます。

 

■MEOとSEOは何が違うの?

ここまで、MEOとSEOといった似た用語がでてきましたが、MEOとSEOの違いを簡単に説明しておきます。この2つの違いを理解していることが重要になります。

MEOは、Map Engine Optimizationの略でマップエンジン最適化のことで、SEOは、Search Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化になります。

 

SEO対策をおこなうことで、検索サイトで自社ホームページが上位表示されると閲覧者が多くなることが期待できます。

MEO対策をおこなうと、目的の検索内容でグーグルマップの上位に表示されるようになるので、自社への問い合わせや注文などが増加することが期待できます。

 

MEO対策は、基本的にグーグルマップで上位枠表示を考えた対策方法になります。SEOとの違いは、「検索サイト対策」と「グーグルマップ対策」の違いと覚えておきましょう。

 

まとめ

今回は、グーグルマップの上位枠表示対策でもあるMEOの基本を説明しました。次回は、MEOの上位表示に関する仕組みやメリットを説明したいと思います。

また、MEO対策をおこなうには、Googleの提供するサービスに登録されている必要があります。MEO対策の事前準備についても簡単に説明していきます。