前回はMEOの意味や役割などを中心に説明しました。更にMEO対策とSEO対策の違いに関しても触れています。

今回は、MEO対策の仕組みやメリットをはじめ実際にMEO対策をはじめる前に確認してほしいことを説明します。この記事を読んでMEOの仕組みやメリットを理解しましょう。

 

MEO対策の仕組みやメリットを理解してSEO対策をはじめよう!

MEO対策をおこなうには、MEO対策の仕組みやメリットを理解する必要があります。実際に対策をするには、事前に確認することもあるので注意が必要です。

 

MEO対策をおこなうと上位表示される仕組み

MEO対策をおこなうとグーグルマップの上位表示をおこなうと同時に検索サイトでの上位表示も期待できます。ここでは、その仕組みについて説明をしていきます。

 

MEO対策は、グーグル社が提供するGoogleマイビジネスの利用が必要になります。Googleで企業名などを検索したときに写真や地図が表示される仕組みになっています。

 

その表示される内容の情報を管理することができるサービスがGoogleマイビジネスになります。検索時のキーワードと登録内容の関連性で上位表示が可能になります。

 

上位表示をされるには、自社の知名度や口コミの多さも関係してきます。また、グーグルマップの特徴で距離的な優先度も上位表示に必要な要素になります。

 

実際に自社でできることは、キーワードとの関連性や良いサービスを提供して知名度や口コミを向上させることです。

 

MEO対策をおこなうメリット

MEO対策をおこなうメリットは、検索方法がパソコン中心からスマートフォンの台頭が理由のひとつになります。

 

スマートフォンの検索結果のファーストビューは、Googleマップの結果になるので上位表示さえされればアクションにつながる確率が高くなります。

 

また、多くの検索サイトは1ページ目に競合する企業や店舗が表示されますが、MEOの上位表示枠は基本的に3サイトなので競合が少なくなっています。

 

最も大切ポイントは、先ほども触れていますが「口コミ」が掲載されていることです。利用者の貴重な声が集客につながる可能性もあるので、重要な部分になります。

 

MEO対策を始める前に確認しよう!

MEO対策を始める前に「Googleマイビジネスのオーナー登録確認」をする必要があります。自社の情報が、グーグルマイビジネスへの登録の有無を確認することが最初の作業です。

 

通常は、新規で始めた企業や飲食店でない限り自社で何もしなくても登録されていることがほとんどです。

 

既に登録がされているのであれば、引き続きMEO対策をおこなうことになります。まだ登録されていない場合は、Google社に申請をすることで解決します。

 

まとめ

今回は、MEO対策の仕組みやメリットを説明しました。また、実際に対策をする前にグーグルマイビジネスへの登録確認の方法も紹介しています。

 

MEO対策は、一般企業でも充分に効果を期待できますが、飲食店や店舗にとっては通常の検索方法よりも大きな期待を寄せることができます。