小企業であれば、コンテンツマーケティングを利用するのは必須の条件になります。

今回は、コンテンツマーケティングの役割と具体的な集客方法について説明していきます。

この記事を読んで大企業にはない良いコンテンツを考えていきましょう。

 

中小企業が最も大切にしたいWEB集客方法とは?

中小企業が大企業よりも有利に展開できる点は、「地域密着」や「地元企業」という点になると思います。

 

コンテンツマーケティングでは、顧客が知りたい情報や企業から伝えられる基礎知識などを発信して情報自体を集客手段とすることです。

 

コンテンツマーケティングは営業と同じ役目!

中小企業は地域密着型が多くなる傾向があります。今回は地元のリフォームをおこなう工務店の例を考えてみましょう。

 

自社に営業職に人材がいれば、地域の個人宅などに営業をすることはあると思います。工事を請負った顧客の近所へ挨拶と同時に営業活動をするのは基本的なパターンです。

 

このようなときは営業につながらずに終わることが殆どだと思います。変に粘ると悪い印象だけを相手に与えてしまいます。

 

仮にコンテンツの中に自社のことを詳しく発信しているブログやコンテンツがあれば話しは違ってきます。

 

ブログで日頃の工事情報や地元の情報を発信して、コンテンツのひとつで壁の塗り替えや屋根の塗り替えなどの費用や作業工程の説明などをつくったとします。

 

このようなページを探す人の多くは、実際にリフォームを頼むことを検討している人かもしれません。事前にホームページを使って営業と同じ効果を生むことが期待できます。

 

ユーザーが知りたい知識や必要とする情報の発信!

中小企業がおこなうコンテンツマーケティングで最も重要なことは、顧客が知りたい情報や必要とする知識を発信することです。

 

先ほどは、リフォーム会社を例にしましたが、会計事務所や司法書士などの事務所を例に考えてみましょう。

 

税金に関する問題の相談窓口で多くの人がおもいつくのが「税理士」だと言われています。確かに税理士は税金に関するプロですから問題はないと思います。

 

個人が調べたい情報として「相続に関する相談」は意外にどこに相談をするのが正しいのかを理解していない人が多いようです。

 

相続税が関連するから「税理士」と答えた方は、間違いではありませんが余計な費用がかかる危険性があります。

 

相続に関する相談は、内容によって専門分野が異なります。「弁護士」「税理士」「司法書士」「行政書士」の専門職のどこかがかかわります。

 

言い方を変えれば、これらの事務所は自身のところへの相談はこのような事例のときに最適だという情報を発信するのもひとつの考え方です。

 

先々の顧客も考えたコンテンツをつくって集客アップ!

リフォーム業者や会計事務所などを例にあげましたが、顧客が知りたい情報を発信することで集客につなげるのが基本的な目的です。

 

コンテンツマーケティングを利用した集客方法には、他にも将来的な顧客の獲得を期待することもできます。これこそが中小企業に力を入れて欲しい戦略になります。

 

先々の顧客のことを視野に入れた考え方といっても業種によって全くことなるので、具体的に例をあげるのは難しくなりますが目指す方向は共通のことになります。

 

例えば、リフォーム業者であれば、確かに壁や屋根の塗り替えは専門業者に依頼をするのがベストですが、場所によって器用な人であれば自分でも作業が可能なこともあります。

 

ふすまや障子の張り替えなどは自身でも可能な良い例だと思いますし、結露対策などは知りたい知識として有益な情報なのではないでしょうか?

 

これらの情報発信は、目先の利益や顧客にはなりませんが、将来的に考えれば自社を知ってもらえる良い方法にもなります。

 

具体例がリフォーム業者だというだけで、他の業種でも同様のことが言えると思います。ユーザーに有益な情報や知識を発信することで、自社の宣伝活動にもなります。

 

コンテンツマーケティングの利用は、大手企業でも有益なので活用する企業は多くなっていますが、中小企業であれば必須の戦略だと考えられます。

 

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングの意味や実際にどのような情報を発信すれば良いのかを説明しました。

 

業種によって情報や知識の発信内容や方法は異なると思いますが、目先の顧客増加だけでなく先々を考えた情報発信をすることが最も重要なことになります。

 

どの業種でも一般の人が知らない情報や知識があると思います。目先の利益にはつながりませんが、有益な情報や知識の発信が、将来的には最もオススメのコンテンツになります。