2019年12月から2020年2月にかけ、Google Chromeに対して
Webサイト内の「HTTP」コンテンツがブロックされるよう
段階的な仕様変更が行われることが公表されました。(※1)

 

■概要
---------------------------------------------------
▽対象ブラウザ
Google Chrome 79.0以降

▽変更内容
HTTPS/HTTP混在ページにおけるHTTPをデフォルトでブロック対象とする

▽想定影響
Webサイト上に「http」で記述されているコンテンツが正常に動作しなくなる
—————————————————

本仕様変更に伴い、コンテンツがブロックされると、
Webサイトに訪問されたお客様に伝えたい情報を
正しく伝えることができなくなります。

 

SSL証明書の導入がお済みでない場合、2019年12月の上記仕様変更前に
ご対応いただくことを強くお勧めいたします。

また、SSL証明書を導入済みの場合も、「http」記述のコンテンツが
混在していないか今一度ご確認いただくことをお勧めいたします。(※2)

 

(※1)No More Mixed Messages About HTTPS
 https://security.googleblog.com/2019/10/no-more-mixed-messages-about-https_3.html

(※2)Google Developpers:混合コンテンツの防止
 https://developers.google.com/web/fundamentals/security/prevent-mixed-content/fixing-mixed-content?hl=ja