ホームページのアクセスアップ方法の主流はオンラインが基本となっている現状ですが、中にはオフラインでの集客方法もあります。

 

今回は、オフラインからの流入方法をいくつか説明します。以前に比べると効果は確実ではありませんが、大きな成果が出る方法もあると思います。

 

【ホームページのアクセスアップ方法で優れている方法は?】

単純にホームページのアクセスアップ方法で思いつく行動を考えると殆どの人がオンライン上での作業を思いつくのではないでしょうか?

 

確かにSEO対策のような特殊な技術を除いて考えても、ブログやSNSなどの手法を使ったアクセスアップ方法が主流になっているのが現状です。

 

大手企業は今も変わらずテレビや新聞などのメディアを利用していますが、一方でSNSを利用したホームページへの集客も行なっています。

 

ここでは、オフラインからのホームページへの集客方法やアクセスアップの手段を考えていきたいと思います。

 

■オフラインからのホームページへの誘導手段とは?

オフラインからのホームページへの集客方法やアクセスアップ方法で思いつくのは、「チラシ」「ダイレクトメール」をはじめ「新聞」「雑誌」などが代表的な方法だと思います。

 

・チラシやダイレクトメール

チラシやダイレクトメールは、地域密着型の中小企業や個人事業主にはオススメの集客方法になると思います。

 

SNSなどを利用した方法も必要ですが、地元を意識した集客を考えるのであれば、チラシやダイレクトメールは効果が期待できる方法になります。

 

・新聞

新聞にも全国紙と地方紙がありますが、どちらにしても広告費用が尋常な金額ではなくなることが予想されます。

 

広告を出すのであれば、宅配新聞と一緒に配ってもらえる折り込みチラシの方がコストパフォーマンス的にはゆるされるレベルなのではないかと思います。

 

・雑誌

雑誌への広告は専門的な分野やターゲットを絞るという意味では効果的な手段のひとつになります。特に雑誌は比較的大きく掲載することもできるので視覚的に効果が絶大です。

 

問題点は、雑誌の規模が大きくなるとコスト的に中小企業や個人事業主には導入が難しいのではないかという部分になります。

 

■時代に逆境?オフラインの使い方の難しさ!

いくつかの方法を考えてみましたが、効果と費用のバランスを考えるとオンラインでの集客やアクセスアップの方が現実的な考え方になります。

 

但しチラシやダイレクトメールなどは、地域密着を意識した集客には優れていると判断できます。

 

■チラシやダイレクトメールと同時に利用したいアイテム!

中小企業や個人事業主で地元の顧客を大切にしたいと考えているときは、チラシやダイレクトメールが有効ですが、同時に「名刺」も有効活用したいところです。

 

名刺は制作コストも比較的抑えられますし、チラシやダイレクトメールのようにすぐに処分されない可能性もあります。

 

名刺は保管をしておくにもコンパクトですし、集客やホームページのアクセスアップに必要な情報はつたえることができます。

 

【まとめ】

ホームページの集客やアクセスアップの主流は、SNSやブログなどを利用するのが基本的な手段ですが、状況に応じてオフラインの役割もあります。

 

特に専門的な分野や地域に密着した中小企業や個人事業主の場合は、総合的に考えるとオフラインの活用も積極的に行なう必要があると思います。