ホームページのアクセスを増やす方法には様々な方法がありますが、最も効果が期待できる方法がポータルサイトなどで取り上げてもらうことです。

 

もちろん簡単に大手ポータルサイトに取り上げてもらうのは難しいことですが、同じような効果を期待する方法にプレスリリースのWEB配信があります。

 

今回は、「プレスリリースの配信」について説明をしていきます。この記事を読めば良いプレスリリースの書き方が理解できると思います。

 

【ホームページの作成とは異なるプレスリリース配信】

自社のホームページのアクセス数を増やすには、ホームページの存在を多くの人に知ってもらう必要があります。

 

そのためには、メディアなどで取り扱ってもらえるような「プレスリリース」をつくるのもひとつの方法になります。

 

■プレスリリースとは何か?

「プレスリリース」とは、企業や事業主からの情報発信の手段のひとつです。一般的に企業が新製品や新事業を広く知ってもらうためにマスコミに知らせることです。

 

最近はWEB配信サービスや自身のホームページでの発信で多くの人が目にすることが増加傾向にあります。

 

■プレスリリースの書き方とポイント

自社のプレスリリースをメディアに採用してもらうには、それなりに工夫が必要になります。単純に文章を書けば良いという訳ではありません。

 

各種メディアには、プレスリリースが数多く届くので全ての文章を丁寧に読んでから選考をする訳ではありません。つまり第一印象が重要になります。

 

仮に自社のホームページからプレスリリースを配信するにしても、第一印象で良いページと悪いページの判断をされてしまいます。

 

ホームページを検索サイトで上位表示されるようにするには、タイトルをやや長めにつくりキーワードを利用するという一般的な考え方があります。

 

プレスリリースはこの逆でタイトルはできるだけ短くインパクトを強くしなければなりません。また伝えたい情報や商品を文字以外の手段で紹介する必要があります。

 

一般的には、表や図を利用する方法や動画配信を取り入れるケースも多くみられるようになりました。

 

■プレスリリースの配信方法には「WEB配信サービス」を利用しよう!

プレスリリースの配信方法は自身の力で様々な分野にお知らせをしても良いのですが、大手のポータルサイトなどは簡単に扱ってくれるとは思いません。

 

そこで利用したいのが「WEB配信サービス」になります。比較的リーズナブルな価格で配信サービスを行なっているので、中小企業や個人事業主にも利用可能なサービスです。

 

但し、これらのサービスには審査があるので、「プレスリリース」の作り方からしっかりと検討することをオススメします。

 

【まとめ】

今回は、「プレスリリースの配信」について説明をしました。自社のホームページを知ってもらうには、単純に技術的な方法以外にも様々な手段があります。

 

プレスリリースは直接アクセスアップとは異なるように思われますが、ホームページを知ってもらうことがアクセスアップにもつながると考えられます。