ホームページのアクセスアップ方法の中には「他のサイトからのリンク」が有効だと言われていました。近年は無意味だと断言している人もいます。

 

今回は「他サイトからのリンク」とアクセスアップの関連について説明をします。この記事を読めば、他のサイトからのリンクの必要性が理解できると思います。

 

【他のサイトからのリンクはアクセスアップにつながるのか!?】

一昔前は、ホームページのアクセスアップ方法で最も有効だと言われていた「他のサイトからのリンク」(被リンク)ですが、近年では殆ど意味がないと言われています。

 

ここでは、被リンクがSEO的な効果が望めないという考え方の真実について考えていきたいと思います。

 

■被リンクはSEO的な効果が望めないと言われているのは本当なのか?

被リンクがSEO対策として効果があるかどうかという問題よりも基本的に重要なことは被リンクに至った理由ではないかと思っています。

 

確かに検索サイト側が以前ほど被リンクに対して上位表示に影響がないようにしていることは事実のようですが、原因が被リンクという理由だけではないようです。

 

結論から言えば、有益な被リンクと無意味な被リンクの双方が存在するというのが実際の現状だと考えています。

 

■効果的な被リンクと無意味な被リンクとは?

効果的な被リンクとは、他のサイトが自分のサイトのコンテンツや記事内容に対して高い評価をしていることが重要になります。

 

一方、無意味なリンクとは自身で無理矢理つくったリンクや他の関連性のないサイトとのリンクなどがあげられます。

 

簡単に言えば、訪問者に対して有益なコンテンツや記事内容を公開していれば、自然に被リンクやアクセスアップにつながるという意味です。

 

■他のサイトからの効果的な被リンクを得る方法とは?

他のサイトから効果的な被リンクを得る方法は、良いコンテンツと記事をつくることが最も重要なポイントになります。

 

簡単にアクセスアップ方法があるのではと期待している人にとっては、何とも拍子抜けしそうな内容ですが、良い内容のコンテンツや記事こそが最も理想だと言えます。

 

確かにアクセスアップ方法としては、時間もかかりますし何よりも良い内容の記事水準を維持する必要があるので、簡単なことではありません。

 

自分の得意なジャンルのブログやホームページを推奨する人がいますが、実は正しい考え方なのだと思います。自分にとって当たり前が他の人にとって有益な情報になるからです。

 

【まとめ】

以前より被リンクによるアクセスアップはあきらかに減っていると思いますが、有益だと判断されたサイトからの被リンクは現在もかなり重要なポイントになります。

 

実際にホームページのコンテンツを考えるときや必要な記事を書くときには、訪問者にとって有益なホームページをつくる気持ちが重要なポイントだと思います。