スマホやインターネット環境が発展したことも理由のひとつだと思いますが、多くの人がコミュニケーションツールとしてSNSを利用しています。

 

今回は、SNSを活用したホームページのアクセスアップの方法を説明します。この記事を読めば、SNSの意味や有効活用の方法が理解できると思います。

 

【ホームページのアクセスアップにSNSを利用しよう!】

インターネットはパソコンで楽しむのが一般的でしたが、近年はスマホやタブレットなどを利用する人が多くなっています。

 

利用環境が変われば、アクセスアップ方法も工夫をしていかなくてはなりませんが、そのツールとしてSNSを利用する方法が有効になります。

 

■SNSとは何か?

SNSは「Social Networking Service」ソーシャル・ネットワーク・サービスの略になります。簡単に説明するとネットワーク上で交流関係を構築するツールのひとつです。

 

ビジネスとしての利用はもちろんですが、趣味や友人との交流にも活用できます。SNSの利用はパソコンよりも持ち歩けるスマホの方が使いやすいと考えられます。

 

■代表的なSNSの紹介とホームページやブログでの使い方のポイント!

SNSは電子掲示板がより使い安くなり、個人レベルの交流が可能になったサービスです。

従って利用する世代も性別も様々になります。

 

ここでは、いくつかのSNSを紹介すると同時にホームページのアクセスアップにはどのような利用方法が向いているかを説明します。

 

・Facebook(フェイスブック)

世界最大規模のSNSで、日本でも主流のツールになっています。機能的にも優れているので、「お知らせ」などの配信にも向いているSNSです。

 

・Twitter(ツイッター)

幅広い世代に利用されているSNSで、手軽さが人気のポイントになっています。個人的なやりとりから広い範囲への発信も可能なため利用価値は高いSNSです。

 

・LINE(ライン)

日本で人気のSNSで、友人との個人的なやりとりやグループでの情報交換などにも有効利用できます。日本国内での利用はかなり高いと言われています。

 

・Instagram(インスタグラム)

近年では流行語にもなっている写真や動画に特化しているSNSです。若い世代の利用者が多く、著名人や女性には特に人気のSNSとなっています。

 

・YouTube(ユーチューブ)

上記に紹介したタイプとは少々異なるジャンルですが、主に発信が目的になっているツールになります。動画配信に優れているので、文字で説明のしにくい操作説明などに適しています。

 

■SNSを有効活用して、ホームページやブログのアクセスアップをしよう!

今回紹介したSNSは、単独でも利用可能なツールですが、ホームページのアクセスアップにも期待できる存在です。

 

ホームページの内容にもよりますが、個人事業主であれば、近況報告や特売のお知らせなどを「Facebook」「Twitter」「Line」を利用するのもひとつの考え方です。

 

また、商品の扱い方や実際に目で観てもらいたい物であれば、用途や状況によって「Instagram」や「YouTube」などを使い分けても良いと思います。

 

【まとめ】

SNSというコミュニケーションツールは使い方次第で良い物にも悪い物にも変わります。一部の人が悪い使い方をすると全体が悪いという評価になる恐れがあります。

 

趣味のホームページであれば良いですが、ビジネスや自社のホームページとなると信頼やイメージダウンにつながる要素はできるだけ避けるべきです。

 

SNSをホームページのアクセスアップに利用するときは、簡単に行動をするのではなく、ホームページの制作を依頼した企業などに相談をすることをオススメします。