中小企業や個人事業主は、ホームページを製作して普通にお知らせや新商品などを紹介しても知名度や信頼度で大企業にかないません。

 

今回は、中小企業や個人事業主が大企業に負けないホームページの活用方法を説明します。この記事を読んで「コンテンツマーケティング」の基本を覚えましょう。

 

【中小企業にとってコンテンツマーケティングが重要なポイント!!】

大企業も中小企業も顧客のニーズにあったサービスや商品を提供することが売り上げ向上への基本となります。大企業と普通に争っても勝てるはずがありません。

 

大企業は、ホームページだけでなく全国的に宣伝を展開できます。特にテレビCMなどを利用すれば大きな知名度UPにつながります。

 

中小企業は費用面で大企業のようなことはできません。そこで重要になるのがコンテンツマーケティングになります。

 

■コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングとは、顧客にとって有益な情報やサービスを提供・発信することで信頼度の向上と集客を増加させる戦術のことです。

 

広告予算が大企業より劣る中小企業は、大企業にはない中小企業の強みを最大限に活用する必要があります。

 

コンテンツマーケティングは、良質な情報を発信することで検索サイトからの顧客数を増やす方法でもあります。コンテンツ次第で費用をかけずに集客が可能になります。

 

■大企業と中小企業の大きな違いは、知名度と将来的な顧客の獲得の差!

大々的に宣伝活動をおこなっている大企業に知名度が勝てない中小企業でも良いコンテンツや情報発信によってその差を埋めることが可能だと理解できたと思います。

 

知名度の差を埋めることができれば、将来的な顧客の獲得にもつながってきます。商品の購入やサービスの利用を考える顧客の心理や行動を考えるとわかると思います。

 

サービスの利用や商品の購入を考える顧客は、早急に必要なケースと将来的に必要なケースが存在します。知名度の高い大企業は双方の顧客を取り込むことが期待できます。

 

顧客はサービスの利用や商品を購入するときに情報収集や比較検討をおこないます。利用時期が将来的になれば、調査を念入りにおこなうようになるはずです。

 

情報収集をおこなう段階で中小企業も顧客に存在を知ってもらうことができれば、比較検討の対象に加えてもらうことが期待できます。

 

■地域密着型のメリット!的確な情報を発信して顧客の信頼を得る!

顧客がサービスの利用や商品の購入を考えるときにインターネットで情報収集や比較検討をすることが多いと説明しました。

 

検索サイトで上位表示されていれば大企業と比較検討してもらえるようになります。サイトの上位表示には、良質のコンテンツ内容を発信する必要があると説明しました。

 

中小企業が大企業に勝る良質な情報は何でしょうか?このときこそ地域密着型の中小企業の本領を発揮するべきです。

 

まずは近隣地域の顧客にとって有益な情報を提供することで、地元での知名度が向上し利用者が増加することが期待できます。

 

良いサービスや商品を提供していれば、口込みやSNSなどで良い評価を得ることが期待できます。ここまでくれば決して大企業に完敗ということはなくなるはずです。

 

サービス内容や商品によって対象範囲は異なると思いますが、良いコンテンツを発信していれば自然に広範囲に知名度や信頼度は向上します。

 

【まとめ】

今回は中小企業や個人事業主がおこなうコンテンツマーケティングの説明をおこないました。中小企業は良質な情報を発信することが最も重要になります。

 

中小企業が顧客にとって有益な情報の提供をおこなうには、色やデザインよりも中身である文章を重視しなくてはなりません。

 

顧客の疑問や悩み相談は理想的な内容ですが、文章内に地域ならではの情報が入れば更に信頼度も高くなると思います。