「ブランディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?言葉は聞いたことがあっても意味がなんとなくわからないという人もいると思います。

 

今回は、中小企業事業主の方に是非知ってもらいたい「ブランディング」をホームページで活用する方法を説明します。

 

【中小企業がホームページをブランディングに活用する方法!】

ブランディングという言葉は、自社を市場での価値を高めるマーケティング手法だと考えてもらえれば良いと思います。

 

自社の製品やブランドに特定のファンが大勢つくとどうなると思いますか?類似品でも自分の好きなブランドの商品を購入するのはファン心理であれば普通のことです。

 

■中小企業がブランディングで大企業に立ち向かうには?

大企業は同種の業者相手に日頃から負けないためのブランディングをおこなっています。最も一般的な手段はテレビCMなどでしょう。

 

同じような製品でもCMなどを利用して多くの人に知ってもらいながら、自社のブランドを高めていくことは固定ファンをつける手法のひとつでもあります。

 

「そんなことは、わかっている」と怒られてしまいそうですが、現実を知ることが大企業に立ち向かう第一歩だと考えれば納得してもらえるのではないかと思います。

 

確かに中小企業にとってテレビCMは普通に考えればとても手が出る広告手段ではありません。

 

■中小企業にとってホームページは有効な宣伝ツール!

大企業と同じようなブランディングができない中小企業が最も活用したい方法がホームページとSNSを利用したブランディングです。

 

テレビに負けない市場が期待できるインターネットであれば、中小企業でも充分に大企業に立ち向かうことができます。

 

もちろんホームページをつくるには費用が必要だと思います。ホームページのメリットを考えれば、費用以上の効果が期待できるはずです。

 

中小企業にとって、大企業と同等以上の戦いが可能な場所は、自社のある地元地域だと思います。ただ、これでは自社のファンを増やすにも難しい面があります。

 

ホームページを使ったブランディングをおこなえば、自社を知ってもらえる範囲は格段に広がります。

 

■中小企業が自社ブランドを幅広く理解してもらうには?

中小企業が自社ブランドのファンを増やすには、自社のことを多くの人に知ってもらう必要があります。

 

ホームページを使って自社を多くの人に知ってもらうチャンスは、基本的に大企業と差はありません。そのためには以下の3つのことを考えてみましょう。

 

1.ホームページ内で訪問者にとって有益な情報があるコンテンツを作成する。

2.見ていて飽きのないデザインとコンテンツ内容のホームページをつくる。

3.自社製品やサービスを利用した顧客の声や製品・サービスの情報を公開する。

 

1のホームページ内に顧客にとって有益な情報のあるコンテンツというのは、自社の業種によって異なりますが、専門知識をわかりやすく説明するお役立ちページが理想です。

 

顧客にとって有益なコンテンツは、「コンテンツマーケティング」として充分に期待ができます。

 

2の見ていて飽きのこないデザインのホームページをつくるのは、ホームページ制作会社に任せるのが最も理想的な方法だと考えられます。

 

3の顧客の声などは、実際に自社商品を利用した顧客の意見などを正直に掲載することで長い目で見ると効果があると思います。

 

【まとめ】

今回は、中小企業にとって苦手意識のあるブランディングについて説明をしました。普通に考えれば、難しいことも可能性がない訳ではありません。

 

ホームページとSNSを上手く活用すれば、自社ブランドの特定ファンを増やすチャンスにもつながります。

 

ホームページの製作や運営に関してのお悩みは、TGカンパニーにご相談下さい。弊社は、中小企業や個人事業主に対応したご提案をさせて頂いております。